㈱高屋設計環境デザインルームは、環境計画、特に外断熱工法に力を入れている設計事務所です。当社のブログは、快適温熱環境から、CO2削減まで幅広く環境について発信しようと考えています。


by takayasekkei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

年末の雪

土日に雪が降り続き、本日月曜日も朝から雪が降っていました。
d0145671_18302875.jpg


d0145671_18585525.jpg今日は雪かき作業から始まりました。
毎年使っている雪かき道具で頼もしい相棒です。










積もった雪の深さを測ると18cmでした。雪は一夜にして街の景色を変えてしまうので、その変化は好きなのですが、車通勤になってからはとてもやっかいなものに思えてしまいます・・・。
d0145671_18593580.jpg


d0145671_190865.jpg
事務所の前には融雪装置があるため、その場所に雪を集めています。大きな雪の山ができることがないので助かっています。






昼間1時ごろに外気温を測ったところ1.7℃でした。この冬一番の寒さでしたが、事務所の室内は暖房器具1台で19.6度を保っていました。外断熱の効果もあり、建物が厳しい環境から守ってくれている実感を強く感じました。
d0145671_1924654.jpgd0145671_1931763.jpg










当社のお正月休みは29日~3日で4日は都合により午後から開始します。
この連休に今年を振り返って思うことと、来年に向けて何をしなければならないかを考えて、有意義に休みたいと思います。

それではよいお年を。


よかったらクリックして下さい☆
人気ブログランキングへ
[PR]
by takayasekkei | 2010-12-28 19:31 | トピックス | Comments(0)
遅くなりましたが、内灘町の家、内見会の様子を報告します!

当日は、たくさんの方にお越しいただきありがとうございました。
残念ながら来られなかった方も、写真で少しでも雰囲気を味わってもらえればと思います!

まずは家の中心となるLDKです。
施工会社Confortさんの家具をいれて、部屋の雰囲気がより伝わるようになっています。
作りつけの棚とTV台、フローリングが部屋全体を暖かみのある印象にしています。
d0145671_9504350.jpg



d0145671_1041474.jpg次は、LDKと両親室をつなぐ和室です。
4.5帖の和室は扉をオープンにすると回遊することができ、LDKと両親室に広がりを持たせてくれます。
全体的に明るく優しい色合いですが、床の間のカシュー塗りが全体を引き締めています。








d0145671_1054473.jpg
両親室です。間接照明が部屋を演出してくれています。











                       d0145671_1095256.jpg
階段踊り場には、作りつけの本棚があります。
これからたくさんの絵本が並べられると思います。









寒い日だったので、家に入った瞬間「本当に暖かい」という声をたくさん頂くことができました!
高断熱・高気密の家のよさを体感頂けたかと思います。

M.U   クリックお願い ☆
人気ブログランキングへ
[PR]
by takayasekkei | 2010-12-06 10:30 | 住宅 | Comments(0)

晩秋の四国

UIAの委員会は晩秋の四国、高知で開催されました
d0145671_9371239.jpg
四国のJIA会員、細木さんの設計「オーベルジュ土佐山」は山あいの景勝地、素晴らしいロケーションを取り入れたリゾート感覚、癒しの温泉施設です。
これでは荒れた意見も出ないでしょうね。





あくる日は四国支部の計らいで隈研吾氏の3作品を見る機会を頂きました。
新建築11月号に掲載されたばかりの施設
まちの駅「ゆすはら」と梼原・木橋ミュージアム
d0145671_942352.jpg      
 町の駅「ゆすはら」は1階が町の特産品を販売、2,3階はホテルになっています。
茅葺屋根に使う茅が窓面に飛び出したように付いているのには驚きました。
防火構造上は外壁の扱いではなく窓の一部だということを聞いて2度びっくり。
内部は近代的でホテルもリゾート感覚でした。
d0145671_9425652.jpg






もうひとつの隈建築「木製ミュージアム」はホテルと温浴施設を繋ぐブリッジの渡り廊下です。
木組みがブリッジと一体となり、梼原町の木をふんだんにアピールする狙いが伝わります。
でも良く見ると、木組みはオブジェであって上屋を支える構造体ではないことが判り、一同唖然。現地を見ないと判らないことって有るもんだなー。



d0145671_10185654.jpg
d0145671_1094942.jpg


梼原町役場
        
開放的な町役場では町長室にて町長さんの庁舎建築に対するコンセプトを伺うことが出来ました。
地場産材の木を使うこと、緊急車両が乗り付けられることなど
明快に即答されていらっしゃいました。



良かったらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by takayasekkei | 2010-12-04 10:44 | トピックス | Comments(0)