㈱高屋設計環境デザインルームは、環境計画、特に外断熱工法に力を入れている設計事務所です。当社のブログは、快適温熱環境から、CO2削減まで幅広く環境について発信しようと考えています。


by takayasekkei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

もうすぐ完成です!

おひさしぶりです。前回、8月にブログを載せた今城電気工業さんの現場の様子をUPしたいと思います。

これは9月上旬の写真です。ちょうど、断熱材張が完了したところです。今回も外張断熱工法にて工事を行い、すっぽりと建物を断熱材で包んでいます。
d0145671_17333525.jpg

d0145671_17365610.jpg銀色の板状のものが、クランボードという断熱材です。サッシとの取合では、このように気密テープを貼って気密性能を高めてます。なかなかきれいな施工です。






d0145671_17394767.jpgこれは建物の気密検査をしているところです。結果、C値(隙間相当面積)0.5c㎡/㎡という最高の結果となりました。この値は建物の隙間の量をあらわしているんですが、もちろん小さければ小さいほど良いことになります。ちなみに北陸地方の規定では5.0、東北地方でも2.0なわけで、0.5という値はとても優れた気密性能ということになります。

見学に来ていた、金沢設計の赤坂さんも気密の良さに関心してました。



そして現在、完成間近です!ベランダに手摺が付けば完成です。
出来上がると結構あっさりしてるんですが、その元には、先ほどの気密・断熱のことなど、しっかりとした技術に支えられています。出来上がりが楽しみです。
d0145671_17511148.jpg

[PR]
by takayasekkei | 2008-10-29 17:53 | Comments(0)

古民家改修中

味わいのある古民家ですが、そこで暮らす方にとってはメンテナンスや使い勝手など、不便な点も多くあります。
このお宅は大きな蔵があり、和室の広間が続く伝統的なお宅です。
しかし、昔からの水廻りは現在の生活には合わず、普段の生活ゾーンを暖かく、機能的にするのが改修の課題でした。
蔵の前室も生かされていなかったので、特徴的な蔵の扉のデザインを生かし、ご主人のライブラリースペース改修中です。
改修前
d0145671_1930286.jpg

改修中
d0145671_19303213.jpg

外観は伝統和風のまま、内部空間を断熱改修で暖かく、そして生活スペースの設備を更新して、和風モダンな内装に改装中です!!
[PR]
by takayasekkei | 2008-10-15 19:47 | 再生 | Comments(0)